独禁法ガイドライン 流通、取引慣行に関する独占禁止法上の指針

公正取引委員会が作成しているガイドラインであり、どのような行為が公正かつ自由な競争を妨げ、独占禁止法に違反するのかを具体的に明らかにすることで、事業者及び事業者団体の独占禁止法違反行為の未然防止とその適切な活動の展開に役立てようとするもの。

独禁法の目的とは
「一般消費者の利益保護と経済の健全な発達」とされています。

第1部は取引先事業者の事業活動に対する制限に関して、第2部は事業者による取引先の選択について、第3部は国内市場全域を対象とする総代理店に関して,独占禁止法上の指針を示したものである。

公正取引委員会が公開しているPDF版はこちら
 
 

先月開催した独禁法のセミナーにて分かりやすくまとめた資料もございますので、ご興味あるかたは以下までご連絡頂けますようお願い致します。

<独禁法の資料請求はこちら>
セミナー資料
https://maker.pricesearch.jp/doc/doc-07/

独占禁止法とは?価格調整はどこまでOK?
https://maker.pricesearch.jp/doc/doc-3/


<独占禁止法に関する相談窓口>
バリュース株式会社
高木 正良(タカギ マサヨシ)
Tel:03-6721-7226
mail:takagi@valus.co.jp

関連記事

価格調査のことならプライスサーチにご相談下さい!

プライスサーチは、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの価格変動調査を自動化するツールです。
販売店ごとに価格情報を可視化して、ブランド価値の維持を支援します。

お電話でのお問い合わせはこちら

バリュース株式会社
03-6721-7226