不当な取引制限

カルテルと入札談合という2種類の形態がある。
カルテルとは、本来事業者が自主的に決めるべき商品の価格や販売・生産数量などを、複数の事業者が共同して取り決めてしまうことである。
入札談合とは国や地方公共団体などの公共行事や物品の公共調達に関する入札の際、入札に参加する事業者が事前に共同して、受注事業者や受注金額を決めてしまうことである。

競争阻害効果が大きく、違反すると課徴金が課せられる。

流通販路や独占禁止法にお困りのメーカー様向けに資料をご用意しております!

プライスサーチforブランドは、楽天、Amazon、Yahooなどの主要モールやお取引法人の流通販路の可視化し、ブランド価値を守る支援をしています。