実現できること


値崩れしている商品を洗い出し、どの店舗が、いつ、いくらだったのか、価格情報を自動収集し可視化。ブランド価値維持を支援します。

1分で大量商品×複数サイトの価格調査を自動化


自動で価格調査をする設定はとってもかんたん。

  1. 貴店の商品情報をコピー
  2. プライスサーチの画面に貼り付け

これだけで価格調査の設定が完了します。

例えば、数千商品のAmazon/楽天市場/Yahoo!ショッピングの価格調査を、1分ほどの作業で設定することができます。

一度設定してしまえば、後は何もしなくてもプライスサーチが定期的に自動調査します。

1分で大量商品×複数サイトの価格調査を自動化

値崩れしている商品をひと目で把握


アラート価格(これ以上は安くしてほしくない価格)を設定しておくことで、アラート価格より安い価格で販売されている商品と該当店舗がひと目で把握できます。

値崩れしている商品をひと目で把握

商品の値崩れを自動で検知しメール通知


アラート価格(これ以上は安くしてほしくない価格)を設定しておくことで、アラート価格より安い価格で販売されている商品が出現したときに自動検知しメール通知できます。
メールの宛先は担当者や店舗ごとに通知先を変えることも可能です。

商品の値崩れを自動で検知しメール通知

どの店舗が、いつ、いくらだったのか、ひと目で把握


各店舗の価格推移や最安値の価格推移を、グラフ画面やエクセル表で見ることができます。
これにより、どの店舗から価格を下げ始めたのか、どの店舗がどの店舗に追随したのか、把握することができます。

どの店舗が、いつ、いくらだったのか、ひと目で把握

製品の流通先店舗を把握


御社の製品を販売している店舗の情報を取得し画面やエクセルで確認できます。 店舗を運営している会社情報(住所・電話番号)も一部取得可能です。
これにより、二次流通・三次流通先の店舗を把握することができます。

製品の流通先店舗を把握