Amazonタイムセールは価格変動に影響を及ぼすのか?

Amazonや各主要なモールと取引されているご担当者様にとって、タイムセールの実施時期や過去の価格への影響を気にされているケースも多いと思います。

今回はAmazonが過去に実施してきたタイムセールの実施前後の情報を事前に調査し、プライスサーチforブランドで販売データを取得することによって、過去データの価格変動の推移をまとめました。

 
流通販路・価格対策の基礎資料の無料ダウンロードはこちら

 

1)Amazonの主要なタイムセールの種類

まずはAmazonの主要なタイムセールの種類と実施する時期についてまとめてみました。

特選タイムセール

  • ユーザー評価の高い商品を年間最安値で販売
  • 24時間限定で、3月→「3月30日(土)9時から4月1日(月)23時59分まで」のように開催される。

数量限定タイムセール

  • 売れ筋商品を期間限定で値下げ
  • 基本毎日実施されており、最大で8時間の間、実施される

プライムデー

  • プライム会員限定又は無料プライム会員限定の最安値販売
  • 毎年7月に世界で100万点以上の商品を36時間の間、実施される

サイバーマンデー

  • 新商品・先行販売商品・数量限定商品を販売
  • 毎年12月実施され、2018年は第2月曜日が日本版の「Cyber Monday」として認定され、冬のボーナス時期に合わせて実施したとされている
  • 78時間限定で最大50%まで値下げが行われる。

Amazonタイムセール祭り

  • 他キャンペーンが無い月に実施
  • プライム会員以外は、セール開始30分後から購入可能
  • ポイントアップキャンペーンにエントリーしておけば、タイムセール期間中に買い物をするだけで最大8.5%のポイントが還元される。プライム会員になっているだけでも3%還元など、会員のランクごとに異なる。


2)2019年の開催実績及び開催予定

本年の本日時点までの主要なタイムセールの実施をまとめてみました。
毎年、新しいタイムセールが実施されることもありますが、過去の開催実績を見ると、ある程度の実施時期の傾向が見えてきます。

キャンペーン名実施月と期間
初売り1月2日(水)18:00〜1月4日(金)23:59まで
タイムセール祭り2月1日(金)18:00〜2月3日(日)23:59まで
タイムセール祭り2月27日(水)18:00〜3月1日(金)23:59まで
タイムセール祭り3月30日(土)9:00〜4月1日(月)23:59まで
新生活応援まとめ買いキャンペーン3月15日(金)12:00〜4月14日(日)23:59まで
入園入学・新学期準備キャンペーン3月〜4月の間
タイムセール祭り4月20日(土)9:00〜4月23日(火)23:59まで
タイムセール祭り5月11日(土)9:00〜5月13日(月)23:59まで
タイムセール祭り6月1日(土)9:00〜6月3日(月)23:59まで
プライムデー7月15日(月)0:00〜7月16日(火)23:59まで
タイムセール祭り7月31日(水)9:00〜8月2日(金)23:59まで
タイムセール祭り(開催予定)8月31日(土)9:00〜9月2日(月)23:59まで


3)事前に予告されていた商品のタイムセール前後の価格変動・推移

以下は「Jabra Elite Active 65t Copper Blue」を例として、4月に実施されたAmazonのタイムセール祭りでの各モールと量販店のタイムセール前後の価格推移を調査した結果となります。

商品名:Jabra Elite Active 65t Copper Blue(メーカー:Jabra ワイヤレスイヤホン)

タイムセール実施後に「Amazonco.jpと各量販店サイトが価格競争している」のが把握できます。
その後、価格を戻した後に時間差で価格を戻しているのがわかりますが、「Yahooショッピング!内の販売店で価格が下がったまま」の状況になっているのがわかります

直接お取引されている法人については、予めタイムセール特価として施策を行なっているケースもあるかと思いますが、タイムセール前後のお取引されていない店舗への価格の影響は、ECの特性上の問題で価格競争が発生しやすいため、常に把握しておく必要があると考えられます。

まとめ

このようにAmazonなどの主要なECモールのタイムセールの時期や自社製品への価格の影響がないかを予め予測し、価格調査によって過去データを把握することは、価格競争が起こった時の1つの要因として、抑えておくべきポイントだと思います。

  

弊社が提供している「プライスサーチ for ブランド」では、メーカー様の課題に合わせた流通販路のECサイトの調査や1日の調査頻度を自由に選択することが可能(1日24hなど)です。

今回のように特定の時間(1時間限定で行われるタイムセールなど)や特定のモール(主要なAmazon、楽天、Yahooなど他150サイト)の過去データと履歴が把握することができます。


流通販路や独占禁止法にお困りのメーカー様向けに資料をご用意しております!

プライスサーチforブランドは、楽天、Amazon、Yahooなどの主要モールやお取引法人の流通販路の可視化し、ブランド価値を守る支援をしています。