新型コロナの影響によるマスク需要の推移レポートを無料提供中!

メーカー事業者としては、
「問屋から流通した商品の転売屋や高額販売にリスクがある」
「不特定の転売屋や高額販売に対する打ち手がない」
「流通量から予測できない欠品や生産量不足に追われている」 
など

4月下旬には公正取引委員会からも

「このような状況では、メーカーが小売事業者に販売価格の上限を指示するのも独占禁止法上の問題にはならない」

との考えを示しています。
https://www.jftc.go.jp/oshirase/coronaqa.html

本資料は、上記のような急激な市場変化がもたらす影響の例として、今回新型コロナの影響によるマスクの需要の推移についてまとめたレポートです。

少しでもご興味や市場に対する課題がある小売事業者、メーカー事業者、その他関係者の方はぜひ資料ダウンロード頂き、今後の市場変化に対する対策の参考となれば幸いです。

ダウンロードはこちらから
https://pricesearch.jp/download/doc-03/

弊社では、今後もイーコマース事業の発展のためにメーカー様やEC事業者様への情報提供を積極的に行ってまいります。

<本資料のデータに関するお問い合わせはこちら>
バリュース株式会社
担当:髙木 正良(たかぎ まさよし)
Tel:03-6721-7226
mail:takagi@valus.co.jp

流通販路や独占禁止法にお困りのメーカー様向けに資料をご用意しております!

プライスサーチforブランドは、楽天、Amazon、Yahooなどの主要モールやお取引法人の流通販路の可視化し、ブランド価値を守る支援をしています。