メーカー向け価格調査ツールのプライスサーチ 【Amazon価格変動】販売価格の問い合わせに悩まされていませんか?

Amazonにおける価格変動

消費者が利用するショッピングモールを選ぶ際、最重視するのは価格の安さです。そのため、各ショッピングモール内では価格競争が繰り広げられ、価格変動が発生します。

販売価格の下落に不満を持ちながらも、販売力の強いAmazonやその他量販店の影響力が強く、販売店様との関係に悩まされているケースが多く見られ、メーカーとしてのブランド価値の維持や販売価格のお願いをすることに踏み切れないメーカー様の声が多いのが実態です。

販売店様との関係や取り扱い商品によっては、販売価格のお願いを全く聞き入れてくれないとの声も多く、取り組み自体を諦めてしまうメーカー様が多いです。

販売店とメーカーの価格課題意識

Amazonを始めとするショッピングモールで価格変動が起きている中で、メーカーと販売店が価格について不満を抱え合うことが往々にして発生します。

販売店からメーカーへの問い合わせ実態

価格についての指摘、仕入れに関する意見の構成が高く、eコマース市場での課題が多く見受けられます。

メーカーから販売店への問い合わせ実態

独占禁止法によってメーカーによる小売の販売価格の拘束は禁止されていますが、強制力を持たない指導・要請という形で価格調整が行われており、生活家電やスポーツ用品など価格競争が激しいカテゴリ程その傾向が高くなっています。
他のカテゴリも現在EC化が進んでおり、今後メーカーから販売店への要求が増加することが見込まれます。
(図表3-33、3-45、2-60はhttps://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2019/jan/190129_4houkokusyo.pdfs参照)

まとめ

Amazonを始めとするショッピングモールや量販店で価格変動が発生し、課題感を抱えているメーカー様が数多くいらっしゃいます。

プライスサーチでは、eコマース市場でのブランド価値の維持や価格下落に対する調整に取り組んでいるメーカー様からのご相談や各製品ジャンルごとのお取り組み成功事例のご紹介、運用体制面のアドバイスも行なっておりますので、販売店様とのお取り組みに悩んでいるご担当者の方にとって本記事がブランド価値を守るためのお取り組みをご検討いただくきっかけになれば幸いです。

メーカー様の課題によっては、「公正取引委員会のガイドラインの法的な観点でどこまで有効か」を回答させていただくケースもございますので、

  • 現状の課題感を持っている
  • まずは情報を知りたい
  • 影響力の強い販売店に対してどう取り組んで行けばよいか

などのご要望がありましたら、ぜひ一度相談ください。

独占禁止法についての資料ダウンロードはこちらから

関連記事

価格調査のことならプライスサーチにご相談下さい!

プライスサーチは、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどの価格変動調査を自動化するツールです。
販売店ごとに価格情報を可視化して、ブランド価値の維持を支援します。

お電話でのお問い合わせはこちら

バリュース株式会社
03-6721-7226